Personal Training Gym & Studio

両方を求めて

草野球のパフォーマンスアップを目的にトレーニングに来られるY様。

野手も投手もされているため、バッテイングと投球どちらのトレーニングも行っています。

90分のコースでやられている為、30分ケアの60分トレーニングが普通なのですが、Y様は90分トレーニング!

Y様の年代で90分トレーニングはほとんどいません。笑

しかし野手と投手の体の使い方は多少の違いはありますが、ベースは同じです。トレーニング種目もほぼ同じ。これは野球以外でもそうです。

バッテイングの方では、元々レフト方向の引っ張り傾向だった打球も、センター方向に強い打球が行くようになり、外角のボールも引っ掛けにくくなってきました。

ピッチングでは体幹部から腕が振れる感覚が出できており、トレーニング時にはリリースポイント(ボールが離れる瞬間)が前に伸びたと驚いていました。今までにない感覚。実際にボールを投げるとまだまだ課題ありと感じていらっしゃいました。最初は新しい感覚に体が慣れないのは当たり前です。いかに今までの形を捨てきれるかです。ある意味そことの葛藤かもしれません。

 

Y様のように2つを求める方は珍しくないです。

1つが良くなれば相乗効果で他も良くなるというケースはよくあります。

スポーツ以外でも同じです。姿勢が変われば体が変わります。歩き方が変わればお尻の形も変わります。

1つのことが様々なことにつながります!

 

 

 

 

コメント/トラックバック

https://www.jpectokyo.com/other/%e4%b8%a1%e6%96%b9%e3%82%92%e6%b1%82%e3%82%81%e3%81%a6/trackback

コメントがありません。
記事一覧
記事一覧