Personal Training Gym & Studio

遠方からのトレーニング

今月トレーニングを開始したN選手。

大学野球の投手です。

 

体験時、「球速を上げたいが、右の膝に乗った状態で沈んでしまう。

でも使い方がわからないので動きを変えたい。」との要望でした。

 

重心が低く、本人の言葉通り膝乗りと、ケツ落ち、膝股関節で蹴る状態でした。

まず膝に乗り、動作の中に間がなく軸が出来ずに投球をしていました。

 

はじめに重心位置を上げるトレーニング。

土台である下半身の出力を膝股関節からではなく、体幹の中心である腰椎から。

その反動が胸椎へ。末端からの出力では反動も肩や腕になってしまいます。

 

 

動画は別のクライアントさんが映っていて写真だけですが、違いがわかると思います。

 

膝が曲がるのが悪いのではないです。

どこから動き、どこで支え力んでいるのか。

それによって体幹からの出力なのか、末端からの力なのかが分かれてきます。

大事なのは使い方です。

 

遠方から来られ、まだトレーニングを重ねられていませんが、

今後は部活の休みの日を使って通われるとの事。

 

自主トレも腿前を発達させていた自主トレはやめ、クアトロコア メソッドに完全に切り替えて取り組んでいます。

 

今年が今後を大きく変える大事な一年。

トレーニングも動きも一新して取り組んでいます。

 

目標の150kmと試合での活躍。実現していきます。

 

 

コメント/トラックバック

https://www.jpectokyo.com/other/%e9%81%a0%e6%96%b9%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%ae%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0/trackback

コメントがありません。
記事一覧
記事一覧