Personal Training Gym & Studio

河口 正史 Masafumi Kawaguchi

日本人アメリカンフットボール選手の海外挑戦の道を切り開いたパイオニア的存在。海外リーグでの経験を基に日本人と欧米人のカラダの使い方を研究し、「4xCORE(クアトロコア)」メソッドを開発。プロスポーツ選手、モデルをはじめ、600名以上(※2017年9月時点)に正しい姿勢とカラダの使い方を 指導し、パフォーマンスの向上に貢献している。

<経歴>

  • ・サンクリメンテ高校にてアメリカンフットボールを始める
  • ・立命館大学ではアメリカンフットボール学生日本一に貢献
  • ・アメフット日本代表にも幾度も選出され、卒業後はNFLヨーロッパに渡り活躍
  • ・NFLチーム「サンフランシスコ49ers」のキャンプに参加
  • ・引退後、独自のトレーニングメソッドを世の中に普及すべくトレーナーとして活躍中。
    NFL解説者としてNHK、G+などで試合解説も行なっている

元プロアメリカンフットボールプレーヤーの河口です。
海外プロ経験で、海外のアメリカンフットボール選手の身体能力の高さや立ち姿の優雅さから受けた衝撃は今でも鮮明に覚えています。彼らのカラダの使い方をなんとか自分の物に出来ないか?現役選手の間はそんなことを常に考えながら、日々彼らを追いかける競技人生、またトレーニング人生でした。
15年の選手生活を終え、トレーナーとして歩みだし、自ら経験してきたことをベースに、様々な試行錯誤を重ね、ようやく「4xCORE(クアトロコア)」メソッドとして、自分の経験を自信を持ってお伝えできる1つの形となりました。
いかに仙腸関節と肩甲骨を効率良く動かし使えるようにするか?
効率良く使える身体は故障しにくく、また非常に美しくもあります。
アスリートに限らず、年齢、性別問わずどんな人でも 4xCORE(クアトロコア)メソッドを行うことで、自分の体の変化を感じ、若々しさや活力を感じることができます。ありがたいことに体験トレーニングだけでも、その場で「膝の痛みが軽くなり、歩くのが楽になった。」「姿勢がまっすぐになったら気持ちもスッキリしますね。」というようなお言葉もいただいております。
自分のカラダについてもっと知りたい、少しでも変化させたいとお考えなら、まずは体験トレーニングだけでも試してみてください。
あなたが思った以上に、自分自身の変化を感じていただけると思いますよ。

河井 洋次 Hirotsugu Kawai

アメリカンフットボール、サッカー、ラグビー等、様々な競技のスポーツ現場に携わり、トレーナーとして多くの経験を持つトレーナーのスペシャリスト。現在でもアメリカンフットボールチームの現場でトレーナーを行いながら、専門学校での講師やトレーナー専門誌での執筆も行なっている。

<経歴>

  • ・元Jリーグ 大宮アルディージャ コンディショニングアドバイザー
  • ・2007・2011・2015年アメリカンフットボールW杯代表チームトレーナー
  • ・現アメリカンフットボールチーム「シルバースター」ヘッドトレーナー
  • ・現桜美林大学アメリカンフットボール部トレーナー
  • ・今までも高校・大学・社会人・プロと様々な層のチームにトレーナとして関わる競技もバスケットボール・ラグビー、サッカー・アメリカンフットボールと幅広い

パーソナルトレーニング&ボディメンテナンス担当の河合です。
約20年間、様々なスポーツ現場(プロ・大学・高校サッカー、ラグビー、バスケット、アメリカンフットボール)でトレーナーを経験してきました。その中で得た非常に大きな経験は、「指導者側の立場からだけでなく、選手側の立場に立った指導」ということでした。
どれだけ優れたトレーニング指導を行なっても、選手との思いが一致しないと、思ったような成果は得られない。
「トレーニングを受ける人の立場に立ち、希望を聞き、ゴールを共有する、そして目的に沿ったトレーニングを一緒に行う。」
これがベストな結果を得るための近道だと、常々心がけトレーナーとして指導をしています。
JPECでは本格的スポーツ選手のパフォーマンスアップだけでなく、リカバリーをメインとした一般的な身体の調整・メンテナンスまで、幅広く指導しています。
あなたが目指すゴール達成に向けて私たちと一緒にトレーニングしましょう!

三浦 昭宏 Akihiro Miura

高校卒業後、10年近く南米やヨーロッパのサッカープロチームに挑戦。引退後は、自身のプロ経験を活かし、選手目線での体のメンテナンスやパフォーマンスアップに注力し、選手や会員のサポートを行なっている。
また海外で複数チームを渡り歩くことで、前向きな気持ちの持ち方の重要性を実感。お客様の体の状態、気持ちの波なども含め、親身になって一緒に作り上げるのが強み。

<経歴>

  • ・幼少からサッカーを始める。
  • ・高校卒業後、関東社会人リーグ、東京都東京都社会人リーグに所属
  • ・海外では南米・ヨーロッパプロリーグに挑戦。ラトビア2部 FK AUDAでのプレーを最後に29歳で引退
  • ・引退後、ストレッチ専門店勤務
  • ・現在はJPEC専属トレーナー

ボディケア&パーソナルトレーニング担当の三浦です。
幼い頃からサッカー一筋。高校卒業後も海外も含めて多くの国でサッカーをしてきました。その間、多くの怪我にも悩まされました。そんな時に私の支えとなったのはプロのトレーナーさんでした。様々な面でサポートをしていただいたおかげで、現役で長くプレーさせてもらうことができました。そして、今度は自分がサポートする側になって、怪我をしにくく、機能的な体作りのお手伝いをしたくて、プロのトレーナーの道へ進みました。
また海外で多くのチームを渡り歩いたことや怪我からのリハビリ経験は、私にメンタルコントロールの大切さを教えてくれました。
「明日もチームに残れるだろうか?」「いつになったら思い通り身体が動くのだろう?」そんなことが頭をよぎり、私も自分に負けそうになる日がありました。・・・そんな時こと「自分はできる」自分を信じ、考え込みすぎない。自分の気持ちをポジティブに持って、そして一歩踏み出す。これがその時私が得た答えでした。
やらないで色々考えているより、やってみた結果を次に活かす。行動こそが未来を変えることができると私は信じています。
「やりたいこと」「なりたい自分」があるなら、あなたにも是非勇気を持って一歩踏み出して欲しい。一歩踏み出せば必ず得られるものがあるはずです。私たちが全力であなたの勇気をサポートさせていただきます。
私たちに何でもお気軽にご相談してください。一緒に夢を叶えていきましょう。

加藤 虎於奈 Koona Kato

小学生の時に始めた空手がきっかけで、キックボクシングに魅了され、現在もプロのK-1選手として活躍している根っからのファイター。プロの選手として積み重ねてきた減量やトレーニング、また格闘家としての経験は、人の痛みやトレーニングの辛さを理解し、厳しくも優しくもなれるトレーナーとして活かされている。

<経歴>

  • ・小学3年の頃から空手を始め、中学3年時には全国大会で優勝
  • ・・高校時にキックボクシングを始め、21歳でK-1アマチュア日本一になる
  • ・高校卒業後に柔道整復師の専門学校へ通いながら、国家資格取得
  • ・現在はJPECでトレーナーを行いつつ、プロK-1選手として活躍中

ボディケア&パーソナルトレーニング担当の加藤コオナです。
小学生の頃から格闘技を始め、高校で出会ったキックボクシングに魅せられ、現在もプロのK-1格闘家としてリングに上がっています。 格闘技では、良い思いも辛い思いも様々な経験をしてきました。そして今も頂点を目指し、自分を高めていた中、出会ったのがJPECのクアトロコアトレーニングでした。
JPECでクアトロコアトレーニングに出会う前は、世間一般で行われているようなトレーニングを「人一倍やれば強くなれる」と考えていたのですが、JPECで河口トレーナーからクアトロコアメソッドの指導を受け、「キックはお腹から出すんや」と言われた時に、まさに後頭部をハイキックされたような衝撃を受けたことを覚えています。
トレーナーとしてはまだまだ駆け出しですが、プロ選手として現在も行なっている減量やトレーニングの厳しさは、身に沁みて理解しています。また格闘家として打撃された時の痛みは、私に優しさを教えてくれました。今まで経験したこと全てが、私にとって、そしてトレーナーとして、大切な経験であり、その痛みや苦しみをわかりながら、トレーニングされる方の理想のために、厳しくもそして優しくもなれるトレーナーになりたいと思っています。
そしてこのメソッドを日本全国に広め、多くのスポーツ選手が世界で活躍してくれることやカッコイイ姿勢で颯爽と歩く人で世の中が埋め尽くされて行くことが私の夢です。

私自身もクアトロコアを極めて、プロとしても頂点を目指します。
私のように少しでもJPECにそしてクアトロコアトレーニングに興味を持たれたなら、是非JPECまで足を運んでみてください。
一緒に自分を高めていきましょう!