Personal Training Gym & Studio

負担のない使い方

トライアスロンの競技力アップを目的でトレーニングをスタートしたN様。

 

こちらに通われる前までは下半身を中心に、もも裏の付け根などに痛みがあり、治療院なども行かれていましたが痛みが治らずだったそうです。

そんな中こちらに通われている方のご紹介でトレーニングをスタートし、まずは体の根本的な部分、姿勢、アライメント、歩き方から見直していきました。

トレーニングを始めて何回目かのトレーニングの際に、最初のケアの時に『今日は腰が張っていて…。あとアキレス腱も張ってるんですよ』と一言。

その後、痛みの原因と思われる、体のアライメントを修正する種目を中心に行いました。すると、トレーニング終盤の時には『腰とアキレス腱どちらも痛くないです!』と一言。笑     

変化も早い、、、笑

 

トライアスロンはレース時間も長く過酷なスポーツであり、いかに効率よく体を使っていけるか。膝や股関節の力に頼らず、体幹部から体を動かせるか。しかも3種目すべてでそれを実現させなければいけません。

最近のレースでは、ゴール直後の疲労感が少なく、下半身の痛みもほとんどなかったそうです。着実に使い方は変わっていっています。しかしまだまだ成長していけるポテンシャルを持っているので今後が楽しみです!

コメント/トラックバック

https://www.jpectokyo.com/other/%e8%b2%a0%e6%8b%85%e3%81%ae%e3%81%aa%e3%81%84%e4%bd%bf%e3%81%84%e6%96%b9/trackback

コメントがありません。
記事一覧
記事一覧